夫婦の終わりを示す10のサイン【離婚前に関係をやり直す方法は?】

このページのリンクにはプロモーションが含まれています。
夫婦の終わりを示す10のサイン【離婚前に関係をやり直す方法は?】

夫婦間の関係は、時間の経過と共に変化します。
結婚当初は愛情溢れるものでも、日常のストレスや様々な問題、誤解が積み重なり、徐々に夫婦関係に亀裂が生まれてくることも少なくありません。

このような時、「夫婦関係は終わりなのだろうか?」と不安に感じることでしょう。

しかし、夫婦関係の終わりを感じるサインは、必ずしも離婚を意味するわけではありません
それは単に、関係を見直し、修復する必要があることを示しているだけかもしれません。

この記事では、夫婦関係の終わりを示すサインと、そのような状態から関係をやり直す方法について詳しく解説します。
何となく夫婦関係の終わりを感じている方や、関係を改善したいと考えている方にとって、参考になる内容となっています。

目次

夫婦関係の終わりを示す10のサイン

夫婦間の絆は微妙なものです。
日常の忙しさや生活の変容、外部からの影響など、多くの要因がその絆を揺るがせることがあります。

しかし、具体的にどのようなサインが夫婦関係の終わりを示しているのでしょうか。
以下では、夫婦関係が危機的状況にあるかもしれないサインについて解説します。

会話がない

夫婦の間で会話が減少することは、関係が冷えてきているひとつの大きなサインです。

無言の時間が増えることは、心の距離が広がってきていることを示しています。
なお、会話がある場合でも、仕事や趣味の話題だけで、感情や将来の夢、悩みなどの深い話題が全く交わされない状態も同様です。

会話がないことで、相手の気持ちや考えを知ることができず、次第にお互いを理解しづらくなります。

話すときに目を合わせない

夫婦の間で会話する際に目を合わせることが少なくなることも、関係の終わりを示すサインです。

目は心の窓とも言われ、目を通じて相手の気持ちを感じ取ることができます。
しかし、目を合わせずに話すことは、相手への興味の減少や信頼感の欠如を示しているかもしれません。

例えば、食事中でもお互いがスマホを見続け、目を合わせることなく食事を終えるような状況は、夫婦関係の断絶を示しています。

同じ空間で過ごすことが嫌

夫婦間で同じ空間を共有することが嫌だと感じる時、それは関係の距離が広がっているサインかもしれません。

かつては一緒に過ごす時間が楽しみだったのに、今ではその時間が重荷に感じられることがあります。

よくあるシチュエーションで言えば、休日にお互いが別々の部屋で過ごす時間が増えたり、一緒にテレビを見ることさえ避けるようになるなどです。

このような変化は、お互いの存在を重たく感じていることから、無意識に距離をとる行動に繋がっている可能性があります。

相手が出かけると嬉しい

相手が外出するとホッとする、または1人の時間を楽しむようになったら、それは夫婦関係に何らかの問題がある可能性を示しています。

例えば、相手が友人と遊びに行くと知ったとき、安堵感を覚えるようになっているとすればそれは危険なサインです。

お互いの存在がプレッシャーとして感じられるか、一緒にいる時間が疲れると感じていることの表れである可能性が高いです。

相手の行動に興味がない

夫や妻の行動に興味を持たなくなったり、関心を示さなくなることも、夫婦関係の終わりのサインのひとつです。

これまで相手の日常や仕事の話に耳を傾けていたのに、最近ではそれに対する関心が薄れてきたと感じることがあるでしょう。

具体的には、相手が新しい趣味を始めたことを知っても、それについて質問をすることなく無関心でいるような状態です。
興味を示すことは、相手への愛情や関心の表れとも言えますので、これが減少することは注意が必要です。

DVやハラスメントがある

夫婦間でのDVやハラスメントが存在する場合、それは明らかに関係が危機的な状態であることを示しています。

これらの行動は、感情やコミュニケーションの不調が積み重なった結果として表れることが多いです。
日常の些細なことから暴言を吐いたり、物を壊す行動が見られる場合、それは感情のコントロールができていない状態を示します。

さらに、これが肉体的な暴力へとエスカレートすると、安全すらが脅かされることとなり、夫婦関係の修復が難しくなります。

ギャンブルに依存する

夫婦のどちらかがギャンブルに依存している場合、それは経済的な問題だけでなく、心の問題も浮き彫りにするサインです。

ギャンブル依存は、家庭の資産を減少させることはもちろん、信頼関係の破壊にもつながります。

よくある事例としては、隠れてギャンブルを繰り返し、家計に大きな影響が出てしまうものです。
また、ギャンブルを止める側にはかなりの労力がかかり、その点においても、相当のストレスを抱えることになってしまいます。

子育てを放棄する

子育ての責任から逃げるような態度は、夫婦関係だけでなく、家族関係の終わりを示すサインとなり得ます。

子育ては、夫婦の共同の責任であり、その責任を放棄することは、家庭全体への関心や愛情が失われていることを示しているかもしれません。

例として、子どもの学校行事や成長に対して無関心である、または子どもの問題行動に対して何も対策を取らない状態などが挙げられます。

このような状態は、夫婦間の信頼や協力の欠如が子育てにも影響し始めていることを意味します。

他に好きな人ができる

夫や妻が他の人に心を向ける場合、それは夫婦関係に大きな亀裂が入っている可能性を示しています。

人は新しい関係や恋愛感情に目を向けることで、現在の関係の不満や不足を補完しようとすることがあります。

とはいえ、この感情は一過性であることが多く、他に気になる人が出てきたからといって、それが直接的な夫婦関係の終わりを意味するわけではありません。

しかし、これにより感じる胸の高鳴りや興奮がなかなか冷めないような場合、現在のパートナーとの関係にない懐かしい感情に少しずつ依存してしまう可能性があります。

不倫する

夫や妻が不倫をしているという事実は、夫婦関係が極めて困難な状態にあることの証です。

不倫は、新しい関係を求める心理だけでなく、現在の関係からの逃避として行われることも多いです。

夫婦間でのコミュニケーションの不足や、理解しあえない問題が積み重なる中で、家庭外の第三者との関係を求めることで、一時的な安堵感を得る人もいます。

不倫が明るみに出た場合、信頼関係の破壊は避けられません。

終わりのサインが出た夫婦がやり直すためにできること

夫婦関係の終わりを感じたとしても、必ずしも2人の関係が終幕するわけではありません。

多くの夫婦は関係の修復を試み、その結果、新しい絆を築くことに成功しています。
これには、お互いの理解と努力が求められますが、取り組む価値は計り知れないでしょう。

終わりのサインが出た夫婦がやり直すためにできること

夫婦で力を合わせて関係を再構築する

一度夫婦関係に亀裂が入ってしまっても、両者が真摯に取り組むことで関係を再構築することはできます。
真の意味での関係の修復は、お互いの気持ちを理解し合い、新しい信頼関係を築くことから始まります。

まず、お互いの感情や考えを尊重し合い、心を開いてコミュニケーションをとることが大切です。
争いや誤解は、感情を正直に話し合わないことから生まれることが多いため、お互いの考えや感じていることを率直に共有することが、理解し合う第一歩となります。

次に、共通の趣味や活動、ときには、新しい場所や環境でのデートや旅行を計画して、新鮮な気持ちでお互いを再発見するのも良い方法となります。
このような共通の経験を積み重ねることで、絆を深めることができます。

また、お互いに対する期待を再確認することも必要です。
良好な関係を続けるための約束やルールを設定し、お互いに守ることが、新しい信頼関係を築く土台となります。

専門家に相談する

夫婦関係のトラブルは独力で解決するのが難しい場合もあります。
そのような時には、専門家の意見やアドバイスを求めることが有効です。

関係に亀裂が入ってしまった時、主観的な意見や感情が入り混じると、客観的な判断が難しくなることがあります。

そんな時、カウンセラーなどの専門家に相談することで、中立的な視点からのアドバイスを受けることができます。
さらに、そのような場所では、相手の意見や感情を尊重し、双方の意見を平等に取り入れるコミュニケーションの方法を学ぶことも可能です。

また、お互いの価値観の違いや、生活環境の変化など、夫婦関係に亀裂を生む原因を明確にし、解決策を導き出すサポートを受けることができます。

このように、専門家のサポートを受けることで、夫婦関係の再構築への道筋が明確になることが期待されます。

家庭内別居する

夫婦関係が破綻してしまった場合、一時的に距離を置くことで、お互いの気持ちを整理する時間を持つことが有効です。

このような方法として、家庭内別居が考えられます。
家庭内別居とは、同じ家の中で別々の生活をすることを指します。

この方法の最大のメリットは、経済的な負担や子供への影響を最小限に抑えつつ、お互いに距離を置くことができる点です。
また、完全に離れてしまうわけではないため、再び関係を築き直すためのコミュニケーションを取りやすくなります。

しかし、家庭内別居を行う際には、お互いのルールを明確にしておくことが大切です。
例として、共通の生活空間の利用方法や、子供との接触方法など、具体的なルールを決めることで、無用なトラブルを防ぐことができます。

最後に、家庭内別居は一時的な手段であり、何年もの長期間行うべきものではありません。
お互いの気持ちや将来のビジョンを再確認する時間という目的を忘れないことが重要です。

夫婦関係の修復や終わらせ方にお悩みなら占いを頼るのもおすすめ

相手の気持ち彼との関係などにお悩みの方には、占いを通して答えやヒントを得てみるのがおすすめです。

占い師のなかには、相手の本音・深層心理を読み解いてくれる人や、人には言いにくい複雑愛やモヤモヤとした感情について未来像・指針を示してくれる人など、恋愛鑑定のスペシャリストが多く存在します。

特に、電話占いなら占い師と対面することなく、いつでもどこでも腕利きの占い師に鑑定してもらうことが可能なので占い初心者の方にも非常におすすめです。

無料お試しキャンペーンがあり、恋愛占いに長けた当たると評判の占い師が多い電話占いサイトを3つ紹介するので、彼との未来や今後の指針を占うのにぜひ活用してみてください!

電話占いサービスの特徴
電話占いピュアリ
1位:電話占いピュアリ
公式サイト
詳細を見る
満足度:4.2
メディアへの出演実績がある占い師が多く所属!芸能人をイメージタレントに起用する(できる)など信頼性が高い
深夜鑑定OKクレジットカード先払い後払い
電話占いウィル
2位:電話占いウィル
公式サイト
詳細を見る
満足度:4.1
実店舗あり!電話占いと対面占いの両方を楽しみたい人におすすめ
深夜鑑定OKクレジットカード先払い後払い
電話占いウラナ
3位:電話占いウラナ
公式サイト
詳細を見る
満足度:4.2
女性の健康アプリ「LunaLuna(ルナルナ)」提供企業が運営
深夜鑑定OK写真鑑定クレジットカードキャリア決済電子マネー先払い後払いPマーク
鑑定通話料無料
恋愛占いが当たると評判の電話占いおすすめランキング

どれか1つに迷ったら、まずは『電話占いピュアリ』を試してみるのがおすすめです。

ピュアリには「優しく、説明が丁寧な占い師が多い」という口コミが多く、「当たる」「縁結びの効果があった」「悪い結果の伝え方に配慮が感じられた」といった安定の評価も獲得しています。

また、恋愛占いの口コミ評判もとても良いので、まずは定番のピュアリから試してみましょう!

恋愛占いにおすすめ①:電話占いピュアリ

電話占いピュアリ
満足度4.2
サービスの特徴深夜鑑定OKクレジットカード先払い後払い
対応占術タロット姓名判断風水西洋占術数秘術四柱推命九星気学霊能・霊視スピリチュアル
相談内容恋愛復縁結婚不倫・浮気未来・将来前世仕事人間関係家族・子どもペット
鑑定料金240円/分~
占い師数180名
運営会社株式会社ピュアリ(運営歴12年)

※2023年4月24日時点

電話占いピュアリのキャンペーン情報 2024年2月
  • 鑑定料金にかかわらずどの占い師でも初回10分無料(最大4,200円分無料)
  • 新規登録からリピート利用で最大4,500円分クーポン(最大18分無料)
    1回目:1,000円分、2回目:1,500円分、3回目:2,000円分。

※最大無料時間は鑑定料金240円/分として編集部換算

電話占いピュアリは、占いに関連したコンテンツが豊富な電話占いサービスです。

占いエンタメ番組「ピュアチャン」(YouTnbe)では、俳優のさとう珠緒さんをMCに、ピュアリ在籍の占い師がゲストを鑑定する様子を視聴できます。
そのほか、「お悩み(占い)事例」や「体験レポート」も充実しています。

また、テレビやラジオ、イベントなど、メディアへの出演実績がある占い師が多く在籍しているという特徴もあります。

電話占いピュアリは、自分の鑑定をしつつ、占い関連のコンテンツも楽しみたいという人におすすめの電話占いサービスです。

恋愛占いにおすすめ②:電話占いウィル

電話占いウィル
満足度4.1
サービスの特徴深夜鑑定OKクレジットカード先払い後払い
対応占術タロット手相姓名判断風水西洋占術数秘術算命学四柱推命九星気学紫微斗数霊能・霊視スピリチュアル
相談内容恋愛復縁結婚不倫・浮気未来・将来前世仕事人間関係金運開運家族・子どもペット
鑑定料金230円/分~
占い師数46名
運営会社株式会社ウィル(運営歴11年)

※2023年5月8日時点

電話占いウィルのキャンペーン情報 2024年2月
  • 新規登録で4,000円分クーポン(最大17分無料)
    お試し特典3,000円分+追加特典1,000円分

※最大無料時間は鑑定料金230円/分として編集部換算

電話占いウィルは、占いの館(実店舗)を展開する株式会社ウィルが運営する電話占いサービスです。

対面鑑定で人気の占い師にも電話占いをしてもらえることがウィル最大の特徴です。

「鑑定してほしい先生がいるけど東京まで行けない」「占ってほしい先生の対面鑑定はなかなか予約が取れない」と悩んでいた人でも、電話占いであれば比較的手軽に鑑定を受けることができるでしょう。

また、電話占いを楽しんだ後に「対面でも鑑定してほしい」と思う人は少なくありません。
しかし、所属占い師に対面鑑定を依頼することができない電話占いサービスが多いのが現状です。

その点、ウィルであれば、「今日は電話占い」「今日は館で対面占い」のように、生活サイクルに合わせて利用することもできるでしょう。
※2023年8月2日時点、実店舗は東京都(新宿・池袋・渋谷)と愛知県(名古屋栄)の4店舗。

電話占いウィルは、電話占いはもちろん、対面占いにも興味がある人におすすめの電話占いサービスです。

恋愛占いにおすすめ③:電話占いウラナ

電話占いウラナ
満足度4.2
サービスの特徴深夜鑑定OK写真鑑定クレジットカードキャリア決済電子マネー先払い後払いPマーク
対応占術タロット手相姓名判断風水西洋占術数秘術算命学四柱推命九星気学紫微斗数霊能・霊視スピリチュアル
相談内容恋愛復縁結婚不倫・浮気未来・将来前世仕事人間関係金運開運家族・子どもペット
鑑定料金220円/分~鑑定通話料無料
占い師数210名
運営会社株式会社エムティーアイ(運営歴11年)

※2023年4月24日時点

電話占いウラナのキャンペーン情報 2024年2月
  • 対象の占い師全員1回ずつ初回10分無料
    たとえば5名の占い師に10分ずつ無料鑑定してもらえば累計50分無料!
    ※対象の占い師数は時期によって増減します。
  • 新規登録で1,000円分クーポン(最大4分無料)
  • 毎月7日・17日・27日はウラナの日(鑑定料20%ポイントバック)
    ※9:00~翌朝5:00までに鑑定依頼したものが対象。
  • 毎月1日はウラナお客様感謝day(会員ランクごとにポイントプレゼント)

※最大無料時間は鑑定料金220円/分として編集部換算

電話占いウラナは、株式会社エムティーアイが運営する電話占いサービスです。

同社は、女性のための健康情報アプリ「LunaLuna(ルナルナ)」を始め、ヘルスケア、音楽、エンタメなどのオンラインサービスを提供している東証プライム(旧・東証一部)上場企業です。

多くのオンラインサービスを提供しているノウハウも助け、ウラナのサイトは使い勝手が非常によいです。

他社の電話占いサイトに「使いづらい」「サービス内容がわかりにくい」と不満を感じたことがある人は、ウラナであればストレスなく利用できるでしょう。

また、利用額に応じた会員ランク制度では、ランクによって毎月500~70,000ポイントを受け取ることができます

電話占いウラナは、「ひとつの電話占いサービスを長く利用したい」という人もおすすめの電話占いサービスです。

夫婦終わりのサインについてよくある質問

ここでは、夫婦関係終わりのサインに関するよくある質問とその回答を紹介します。

夫婦関係終わりのサインとは?

夫婦関係が終わりを迎えるサインとは、夫婦間のコミュニケーションや感情の変化を指すことが多いです。

関係の終わりを示すサインは一概には言えませんが、共通して挙げられるサインとしては、連絡や会話が減少したり、お互いの行動や感情に対する興味が失われることが考えられます。

また、これらの変化は突然ではなく、徐々に表れることが多いです。
感情的な距離が生まれることで、些細なことからの喧嘩が増えたり、共通の趣味や楽しみがなくなるなど、日常生活の中での違和感を感じることが増えてくるのです。

このほか具体的なサインは、この記事の「夫婦関係の終わりを示す10のサイン」で紹介しています。

夫婦関係が終わったら離婚をするべき?

夫婦関係が終わったと感じたとしても、必ずしも離婚するべきではありません

関係の終わりを感じることは、それだけで離婚の理由にはならない場合もあります。
サインが一時的なものであるか、または解決可能なものであるかどうかを冷静に判断することが大切です。

夫婦間の問題やトラブルは、お互いのコミュニケーションや協力によって改善される可能性があります。
しかし、関係の修復が困難と感じる場合や、お互いの価値観が大きく異なる場合は、離婚を検討することも選択肢として考えられます。

離婚を決断する前に、この記事の「終わりのサインが出た夫婦がやり直すためにできること」で紹介している方法なども試してください。

離婚した方がよい夫婦の特徴とは?

離婚を選択するべきかどうかの判断は個々の夫婦の状況によりますが、特定の特徴や状況が離婚を考えるきっかけとなることがあります。

例えば、お互いの価値観や生活の目的が大きく異なり、これらの違いを埋めるためのコミュニケーションが取れない状態が続くと、関係が破綻する可能性が高まります。

また、お互いに尊重しあうことが難しい、またはDVやハラスメントがある場合など、精神的・身体的な安全が脅かされるような状態は、離婚を選択する理由として強く考えられます。

最終的には、これらの問題が、努力や対話によっても改善しない場合、離婚が最善の選択となる場合もあります。

この記事のまとめ

夫婦の関係には山と谷があります。
長い夫婦生活の間には、コミュニケーションの欠如、物理的または感情的な距離など、さまざまなサインが表れることがあります。

しかし、これらのサインが現れたからといって、必ずしも関係が終わりを迎えるわけではありません
お互いの努力や専門家との協力により、関係は再構築することもできます。

一方、問題解決のための対話を続けた結果、離婚を選択する夫婦もいます。
重要なのは、お互いの感情や考えを大切にし、何が最善であるのかを検討することです。

夫婦関係は2人の間に築かれてきたものです。
カウンセラーなど専門家からの助言も参考にしつつ、最終的な選択はお互いの心と相談して決定すべきです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次