子持ち男が離婚を決めるときとは?【怪しい特徴や回避方法も解説】

このページのリンクにはプロモーションが含まれています。
子持ち男が離婚を決めるときとは?【怪しい特徴や回避方法も解説】

離婚は決して簡単な選択ではありませんが、子持ちの男性がその大きな決断を下すとき、その背景にはさまざまな理由や状況が存在します。

この記事では、子持ちの男性が離婚を決めるときの背景や心境その特徴的な行動を解説します。

また、子どもがいる状況で離婚をしたくない女性のための回避方法や、離婚が避けられない場合の対処法も紹介します。

目次

子持ち男が離婚を決めるときとは?

子持ちの男性が離婚という決断を下す背景には多くの事情や感情が絡み合っています。
その動機は一概には言えませんが、いくつかの典型的な状況が考えられます。

この章では、子持ちの男性が離婚を考えるタイミングやその理由について詳しく解説します。

夫婦間の価値観が合わず共通の未来が見えなくなったとき

価値観の不一致は離婚を決める最大の要因になることがあります。

初めは些細な違いと感じることも、時間と共に大きな隔たりとなり得ます
たとえば、子どもの教育方針や家計管理に関する考え方が大きく異なると、その摩擦は日常生活におけるストレスとなるでしょう。

また、夫婦間での将来のビジョンが異なる場合、そのギャップを埋めることが難しくなることもあります。
たとえば、一方が都会での生活を希望し、もう一方が地方での穏やかな生活を望む場合、どちらかが妥協しなければなりません。

このような価値観の不一致が継続すると、それが夫婦関係に対する不満や不信感を生んでしまいます。
そして、この不一致を修復する試みが難しく感じられると、離婚を考えるきっかけとなり得るのです。

スキンシップが持てなくなったとき

スキンシップの喪失は、夫婦間の関係が冷えてきたサインといえます。

スキンシップは夫婦関係の絆や愛情を示す大切な要素のひとつです。
しかし、忙しい日常や子育て、仕事のストレスなどによって、自然とスキンシップの機会が減少してしまうことがあります。

スキンシップの減少は、感情的な距離感だけでなく、愛情が失われたという喪失感を生みます
このような状態が続くと、夫婦間の信頼や安心感も失われてしまいます。

たとえば、日常的なキスやハグが減少し、一緒に過ごす時間もただの「同居人」のように感じられる場合、夫婦としての関係性に危機感を抱くようになるでしょう。
このような感情の遠さが継続すると、離婚を考える要因となり得るのです。

不倫相手など新しいパートナーを好きになったとき

新しい恋愛感情が芽生えた時、それは離婚を考える大きな要因となります。

夫婦関係が冷え込んでいる中で、新しい相手との関係が生まれることは、予想以上に多い現象です。
この新しい恋愛感情は、現在の夫婦関係の不満を一層強調することとなります

新しいパートナーとの関係は、まるで初恋のようなときめきや興奮を再び感じさせることが多いです。
この感情に比べると、現在の夫婦関係はどんよりとしたものと感じることがあるのです。

そして、その新しい関係が真剣なものとなると、離婚を真剣に考える道を選ぶ男性も少なくありません

もっとも、この選択は決して簡単なものではありません。
子どもや家族を持つ中で、新しい人生の扉を開くことには想像を絶する葛藤が伴うことでしょう。

夫婦の不仲が子どもに悪影響を与えると判断したとき

子どものために離婚を考える男性も少なくありません。

夫婦間の不仲が継続的に続くと、その様子を敏感に察知する子どもたちは、心に大きな傷を負ってしまうことがあります
たとえば、夫婦の口論や冷戦が繰り返される家庭では、子どもは安心して日常を過ごすことができません。

子どもが親の不仲を日常的に目の当たりにすることは、その心の発育に悪影響を与える可能性が高いです。
継続的な緊張感の中で育つ子どもは、将来的にも人間関係や自身の感情のコントロールに困難を感じることが考えられます。

このような状況を避けるために、子どもの心の安定や健全な発育を最優先に考え、離婚を選択する男性もいます

しかし、離婚が子どもにとって最善の選択であるかどうかは一概には言えません。
夫婦間の問題を解決する努力や、家族全員でのカウンセリングなど、他の選択肢をする男性もいます。

子どもが自立し親の責任から解放されたとき

子どもが大学へ進学したり、社会に出たりすると、夫と妻の関係性が再び焦点となることがあります。

子どもが小さいうちは、その教育や生活のサポートを中心に日常が進行しますが、子どもが成長し、自立したからといって夫婦関係の問題が解決するわけではありません

子どもの自立は、夫婦にとって新たなステージの到来を意味します。
多くの夫婦が、子育てに専念することで夫婦間の問題を一時的に忘れるか、見逃してきたことも少なくないからです。

こういったタイミングに、夫婦間の過去の問題や不満が再び表面化することで、離婚を選択する男性もいます

特に、子育てを通して夫婦関係が疎遠になってしまった場合や、共通の趣味や価値観を見失ってしまった場合などが該当します。

妻が浮気したとき

夫婦の信頼関係は非常にデリケートなものです。
特に、浮気という大きな裏切りは、その関係を修復するのが困難になることが多いです。

妻が浮気をしたとき、その事実に気づいた男性は、多くの感情が渦巻く中で、離婚を考えるようになります

浮気の事実が明るみに出たとき、最も多い感情は「裏切られた」という思いです。
夫婦間の信頼が崩れると、その他の小さな不満や問題も大きく感じられ、関係の修復が難しくなります。

また、信頼関係が崩れることで、今後の夫婦生活に対する不安や疑念が増すこともあります。

大きな問題を抱え家族に迷惑をかけそうなとき

人生は誰もが困難や問題を抱えることがあるものです。
その問題が家族に大きな迷惑や影響を及ぼす可能性があるとき、男性は離婚という選択をすることがあります。

これは、家族を守るため、あるいは家族に負の影響を及ぼさないための選択となる場合が多いです。

たとえば、重度のギャンブル依存やアルコール依存、法的トラブルや経済的な困難など、自分自身の問題が家族に大きな影響を及ぼす恐れがあると感じたとき、自分から家族を離れることを選択する男性は少なくありません。

このような状況下での離婚は、家族を守るための苦渋の選択となることも多いです。

子持ち男が離婚を決めたときに見られる特徴

子持ちの男性が離婚を検討している場合、それは短期間での衝動的な判断ではなく、多くの時間をかけて慎重に考えられた結果であることが多いです。

この章では、彼らが離婚を考えているときに見られるいくつかの特徴や行動パターンを紹介します。

離婚に関する情報や法律について調べるようになる

離婚を考え始めた子持ちの男性は、まず情報収集を始めます

離婚に関する法律や手続き、親権についてのルール、養育費の取り決めなど、離婚に関わるさまざまな事項について調査します

特に子どものことを心配する傾向が強く、親権や監護権、面会交流の取り決めについての情報や、子どもが離婚後どのように育っていくかを想定するためのデータ収集もするでしょう。

さらに、彼らは弁護士やカウンセラーに相談することも増えます
これは、専門家の意見や助言を取り入れることで、より良い方法で離婚を進めたいと考えるからです。

家族との距離をとりコミュニケーションが減る

離婚を考えるようになった子持ちの男性は、無意識のうちに家族との距離を取り始めることがあります。

具体的には、家に帰る時間が遅くなったり、週末に外出することが増えるなど、家族との時間を避けるような行動が見られることがあります。
また、夫婦間の会話が減少し、感情を表現することが少なくなることもひとつの特徴と言えるでしょう。

これは、離婚の決意を固める過程で、心理的な距離を置くことで自分を守ろうとする行動と考えられます。

子どもへのプレゼントなど過度な配慮が目立つ

子持ちの男性が離婚を考えているとき、子どもへの罪悪感や心配から、過度な配慮や甘やかしを始めることがあります。

たとえば、頻繁に子どもに高価なプレゼントを贈ったり、子どもの要求を何でも聞き入れるようになったりします。
また、子どもの学業や習い事、友人関係などに過度に関与するようになることもあります。

これは、離婚の影響で子どもが心理的なストレスを感じることを予防したいという思いや、離婚後の子どもとの関係を良好に保ちたいという願いからくる行動と考えられます。

なお、子持ちの男性自体がこのような行動をとる場合、内心では離婚の決意を迷っている可能性も考えられます。
子どもとの強い絆や愛情を再認識することで、離婚の決意を再考することもあるでしょう。

経済的な計画を見直し節約を始める

離婚を考えるようになった子持ちの男性は、将来の経済的な不安から、節約を始めることが多いです。

離婚は家計に大きな影響を及ぼすため、将来に備えての経済的な計画の見直しや節約が始まります

具体的には、余計な出費を抑えるための家計簿の作成や、不要なものの売却、新しい収入源を探るための副業の検討などが行われます。

また、養育費の問題や将来の子どもの教育費など、離婚後にかかると予想される費用に対しての備えも進められることが多いです。

子持ち男との離婚を回避する方法

子持ち男性との離婚を回避する方法は、夫婦関係の深化やコミュニケーションの改善を試みることが必要です。

共感と理解がキーワードであり、この章で紹介する方法を実践することで、再び夫婦としての絆を深めることができるかもしれません。

積極的に感謝の言葉を伝える

感謝の言葉を伝えることは、相手の存在を大切に思っているという気持ちを表現する最もシンプルな方法です。

たとえば、日常の些細なことでも、「ご飯を作ってくれてありがとう」「子どもの世話をしてくれてありがとう」と声に出して伝えることで、言われた相手は自分の存在価値を再確認します。

多忙な日常の中で疎かになりがちなこの一言が、夫婦間の距離を縮める鍵となることも少なくありません。

定期的な夫婦の時間を作る

夫婦としての時間を大切にし、デートや旅行などの機会を作ることで、関係の修復や深化を図ります

たとえば、月に1度のデートを設け、映画を見に行く、食事を楽しむ、趣味を共有するなどの活動をすることが挙げられます。
そして、これを定期的なものにすることが大切です。

これにより、日常のルーチンから離れ、夫婦としての時間を大切にすることができます。

家族そろって過ごす時間を作る

家族全員で過ごす時間を増やすことで、家族としての絆を深めることが期待できます。

たとえば、家族での週末のピクニックや映画鑑賞、スポーツイベントなど、共通の楽しい体験を積み重ねることで、家族間のコミュニケーションの質を向上させることができます。

ポイントは、夫婦だけの時間と、家族そろっての時間を別々に設けることです。

カウンセリングなど専門家に相談する

夫婦間の問題を解決するためには、専門家の意見やアドバイスを受けることも有効です。

カウンセリングを受けることで、夫婦間のコミュニケーションの壁を乗り越え、お互いの意見や考えを理解する手助けとなります。

カウンセラーや心理学者からの客観的な意見やアドバイスを受け取ることで、夫婦間の問題の原因や解決策を見つけることができるでしょう。

子持ち男との離婚を回避できないときにやっておくべきこと

離婚は人生の大きな転機と言えますが、特に子持ちの場合、より慎重に行動する必要があります。

離婚に進まざるを得ない場合、先を見据えた準備が求められます
特に子どもの存在を考慮に入れると、計画的に行動することが、後のトラブルや心の傷を防ぐためには欠かせません。

早い段階で弁護士や専門家に相談する

離婚に進まざるを得ない場合、専門家のアドバイスは、後のトラブルを防ぐためには必須です。

たとえば、資産分与や親権についての知識が乏しければ、後に多大なトラブルや後悔を招くことになるでしょう。

この点、早い段階で弁護士に相談していれば、このようなトラブルを避けることができます。
弁護士やカウンセラーは、客観的な視点で、かつ、あなたの味方となって情報提供やアドバイスをしてくれます。

共有財産などの情報を整理する

離婚を進める場合、資産の分与が大きな問題となります

早い段階で共有財産に関する情報を整理し、リストアップしておくことは非常に重要です。

たとえば、共有していた家や車、さらには預金や投資信託の情報を明確にしておくことで、離婚の際の資産分与をスムーズに行うことができるでしょう。

個人的な書類や物品を安全な場所に保管する

離婚が決定的となる前に、大切な物や書類は安全な場所に保管することをおすすめします。

身分証明書や通帳、子供の成績表や医療の情報など、後々必要となる可能性のあるものは、早めに確保しておくことが大切です。

離婚の過程で重要な書類を相手に取られてしまい、取り戻すために多くの手間と時間を費やすことになってしまった人は少なくありません。

住む場所を探し始める

最も重要なのは、離婚後の住む場所を早めに計画することです。

特に子どもがいる場合、新しい住まいの条件や立地、学区などを考慮して検討する必要があります。

離婚が決定した後に新しい住居を検討し始めたのでは、子供の通学路や新しい住まいの安全性を確認する時間を取れないかもしれません。

早めに新しい住まいの情報収集や下見を行うことで、安心して新しい生活を始めることができます

彼の気持ちや夫婦関係にお悩みなら占いを頼るのもおすすめ

相手の気持ち彼との関係などにお悩みの方には、占いを通して答えやヒントを得てみるのがおすすめです。

占い師のなかには、相手の本音・深層心理を読み解いてくれる人や、人には言いにくい複雑愛やモヤモヤとした感情について未来像・指針を示してくれる人など、恋愛鑑定のスペシャリストが多く存在します。

特に、電話占いなら占い師と対面することなく、いつでもどこでも腕利きの占い師に鑑定してもらうことが可能なので占い初心者の方にも非常におすすめです。

無料お試しキャンペーンがあり、恋愛占いに長けた当たると評判の占い師が多い電話占いサイトを3つ紹介するので、彼との未来や今後の指針を占うのにぜひ活用してみてください!

電話占いサービスの特徴
電話占いピュアリ
1位:電話占いピュアリ
公式サイト
詳細を見る
満足度:4.2
メディアへの出演実績がある占い師が多く所属!芸能人をイメージタレントに起用する(できる)など信頼性が高い
深夜鑑定OKクレジットカード先払い後払い
電話占いウィル
2位:電話占いウィル
公式サイト
詳細を見る
満足度:4.1
実店舗あり!電話占いと対面占いの両方を楽しみたい人におすすめ
深夜鑑定OKクレジットカード先払い後払い
電話占いウラナ
3位:電話占いウラナ
公式サイト
詳細を見る
満足度:4.2
女性の健康アプリ「LunaLuna(ルナルナ)」提供企業が運営
深夜鑑定OK写真鑑定クレジットカードキャリア決済電子マネー先払い後払いPマーク
鑑定通話料無料
恋愛占いが当たると評判の電話占いおすすめランキング

どれか1つに迷ったら、まずは『電話占いピュアリ』を試してみるのがおすすめです。

ピュアリには「優しく、説明が丁寧な占い師が多い」という口コミが多く、「当たる」「縁結びの効果があった」「悪い結果の伝え方に配慮が感じられた」といった安定の評価も獲得しています。

また、恋愛占いの口コミ評判もとても良いので、まずは定番のピュアリから試してみましょう!

恋愛占いにおすすめ①:電話占いピュアリ

電話占いピュアリ
満足度4.2
サービスの特徴深夜鑑定OKクレジットカード先払い後払い
対応占術タロット姓名判断風水西洋占術数秘術四柱推命九星気学霊能・霊視スピリチュアル
相談内容恋愛復縁結婚不倫・浮気未来・将来前世仕事人間関係家族・子どもペット
鑑定料金240円/分~
占い師数180名
運営会社株式会社ピュアリ(運営歴12年)

※2023年4月24日時点

電話占いピュアリのキャンペーン情報 2024年2月
  • 鑑定料金にかかわらずどの占い師でも初回10分無料(最大4,200円分無料)
  • 新規登録からリピート利用で最大4,500円分クーポン(最大18分無料)
    1回目:1,000円分、2回目:1,500円分、3回目:2,000円分。

※最大無料時間は鑑定料金240円/分として編集部換算

電話占いピュアリは、占いに関連したコンテンツが豊富な電話占いサービスです。

占いエンタメ番組「ピュアチャン」(YouTnbe)では、俳優のさとう珠緒さんをMCに、ピュアリ在籍の占い師がゲストを鑑定する様子を視聴できます。
そのほか、「お悩み(占い)事例」や「体験レポート」も充実しています。

また、テレビやラジオ、イベントなど、メディアへの出演実績がある占い師が多く在籍しているという特徴もあります。

電話占いピュアリは、自分の鑑定をしつつ、占い関連のコンテンツも楽しみたいという人におすすめの電話占いサービスです。

恋愛占いにおすすめ②:電話占いウィル

電話占いウィル
満足度4.1
サービスの特徴深夜鑑定OKクレジットカード先払い後払い
対応占術タロット手相姓名判断風水西洋占術数秘術算命学四柱推命九星気学紫微斗数霊能・霊視スピリチュアル
相談内容恋愛復縁結婚不倫・浮気未来・将来前世仕事人間関係金運開運家族・子どもペット
鑑定料金230円/分~
占い師数46名
運営会社株式会社ウィル(運営歴11年)

※2023年5月8日時点

電話占いウィルのキャンペーン情報 2024年2月
  • 新規登録で4,000円分クーポン(最大17分無料)
    お試し特典3,000円分+追加特典1,000円分

※最大無料時間は鑑定料金230円/分として編集部換算

電話占いウィルは、占いの館(実店舗)を展開する株式会社ウィルが運営する電話占いサービスです。

対面鑑定で人気の占い師にも電話占いをしてもらえることがウィル最大の特徴です。

「鑑定してほしい先生がいるけど東京まで行けない」「占ってほしい先生の対面鑑定はなかなか予約が取れない」と悩んでいた人でも、電話占いであれば比較的手軽に鑑定を受けることができるでしょう。

また、電話占いを楽しんだ後に「対面でも鑑定してほしい」と思う人は少なくありません。
しかし、所属占い師に対面鑑定を依頼することができない電話占いサービスが多いのが現状です。

その点、ウィルであれば、「今日は電話占い」「今日は館で対面占い」のように、生活サイクルに合わせて利用することもできるでしょう。
※2023年8月2日時点、実店舗は東京都(新宿・池袋・渋谷)と愛知県(名古屋栄)の4店舗。

電話占いウィルは、電話占いはもちろん、対面占いにも興味がある人におすすめの電話占いサービスです。

恋愛占いにおすすめ③:電話占いウラナ

電話占いウラナ
満足度4.2
サービスの特徴深夜鑑定OK写真鑑定クレジットカードキャリア決済電子マネー先払い後払いPマーク
対応占術タロット手相姓名判断風水西洋占術数秘術算命学四柱推命九星気学紫微斗数霊能・霊視スピリチュアル
相談内容恋愛復縁結婚不倫・浮気未来・将来前世仕事人間関係金運開運家族・子どもペット
鑑定料金220円/分~鑑定通話料無料
占い師数210名
運営会社株式会社エムティーアイ(運営歴11年)

※2023年4月24日時点

電話占いウラナのキャンペーン情報 2024年2月
  • 対象の占い師全員1回ずつ初回10分無料
    たとえば5名の占い師に10分ずつ無料鑑定してもらえば累計50分無料!
    ※対象の占い師数は時期によって増減します。
  • 新規登録で1,000円分クーポン(最大4分無料)
  • 毎月7日・17日・27日はウラナの日(鑑定料20%ポイントバック)
    ※9:00~翌朝5:00までに鑑定依頼したものが対象。
  • 毎月1日はウラナお客様感謝day(会員ランクごとにポイントプレゼント)

※最大無料時間は鑑定料金220円/分として編集部換算

電話占いウラナは、株式会社エムティーアイが運営する電話占いサービスです。

同社は、女性のための健康情報アプリ「LunaLuna(ルナルナ)」を始め、ヘルスケア、音楽、エンタメなどのオンラインサービスを提供している東証プライム(旧・東証一部)上場企業です。

多くのオンラインサービスを提供しているノウハウも助け、ウラナのサイトは使い勝手が非常によいです。

他社の電話占いサイトに「使いづらい」「サービス内容がわかりにくい」と不満を感じたことがある人は、ウラナであればストレスなく利用できるでしょう。

また、利用額に応じた会員ランク制度では、ランクによって毎月500~70,000ポイントを受け取ることができます

電話占いウラナは、「ひとつの電話占いサービスを長く利用したい」という人もおすすめの電話占いサービスです。

子持ち男との離婚についてよくある質問

子持ちの男性との離婚に関する質問は非常に多く、多様な状況や問題が関わってきます。
この章では、よくある質問と、それに対する答えを紹介します。

子持ちの男性が離婚を決意する主な理由は何ですか?

子持ちの男性が離婚を決意する主な理由としては、夫婦間の価値観の不一致、スキンシップの減少、不倫や新しいパートナーとの出会いなどが挙げられます。

たとえば、夫婦間での教育方針や生活スタイルに対する考え方の違いが深刻化し、解決が難しくなった場合に離婚を考えることが多くなります。

また、不倫や新しいパートナーとの出会いも離婚の大きな要因となり得ます。

このほか、子持ちの男性が離婚を考えるタイミングやその理由については、この記事の「子持ち男が離婚を決めるときとは?」で紹介しています。

子持ち男性との離婚後、子どもの親権はどのように決まりますか?

子どもの親権は、離婚の際に最も難しい問題のひとつです。

日本の法律では、子どもの親権は一方の親だけが持つことになりますが、最も大切なのは、子どもの利益を最優先に考えることです。

たとえば、子どもが母親との生活を継続することを希望している場合、母親が親権を持つことが多いです。しかし、父親が子どもの教育や生活に深く関与している場合など、父親が親権を持つことも考えられます。

親権の決定は、裁判所の判断によって行われますが、夫婦間での協議により、合意で決めることも可能です。

親権の取り決めに関しては、弁護士など専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

子持ち男性と離婚する場合、養育費の取り決めはどのように進めるべきですか?

養育費の取り決めは、子どもの生活費や教育費など、子どもの将来に関わる大切な問題です。

養育費の額や支払い方法は、夫婦間での協議によって決定します。
子どもの年齢や必要な生活費、双方の収入など、多くの要因を考慮して決定されることになります。

たとえば、子どもが特別な医療ケアや教育を必要としている場合、それらに応じて養育費の額が増えることが考えられます。
また、親の収入に大きな差がある場合、収入の多い方がより多くの養育費を支払うことが求められることもあります。

しかし、双方の意見が合わない場合や、一方が支払う意志を示さない場合などは、専門家や弁護士の介入が必要となることもあります。
この観点からも、専門家への相談は早ければ早い方がよいでしょう。

この記事のまとめ

子持ち男が離婚を決意する背景は多岐にわたります

夫婦間の価値観の不一致、スキンシップの欠如、不倫や新しいパートナーへの恋心、子どもへの影響、そして経済的や道義的な問題など、多くの理由が考えられます。

また、離婚を考慮している子持ちの男性には、特定の特徴が現れることもあります

情報の収集、家族との距離感、子どもへの異常な配慮、そして経済的な計画の見直しなどです。
これらの行動は、一見すると極秘裏に行われていますが、日常生活のなかでのちょっとした変化として発見することができるでしょう。

なお、離婚を回避するための方法もあります

感謝の言葉の積極的な使用、夫婦だけの時間の確保、家族全員での時間の確保、そして専門家のカウンセリングを取り入れることが挙げられます。

しかしながら、離婚が回避できない場合、事前の計画や準備が不可欠です。
特に、親権、養育費、接触権など、子どもを中心とした問題は特に注意が必要です。

このような状況に直面した場合、弁護士など専門家のアドバイスやサポートを受けることで、スムーズな対応できるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次